満月と森と台風
「コーラ」が好きという人もいれば、嫌いという人もいるだろう。無関心な人も。君にとっての「コーラ」って、どう?
ホームボタン

ゆったりと吠える妹と穴のあいた靴下

田舎に住んでいたら、ネットショップでものがお手軽に買えるようになったのが、とっても役立つ。
その理由は、大型の本屋が市内に2軒だけしかなく、品ぞろえも悪いから、購入したい本も買えないからだ。
取り寄せるよりはネットショップで購入するほうがお手軽だ。
だって、本屋に行くだけで原付で30分近くかかるからとってもめんどくさい。
オンラインショップに慣れたら、なんでもネットで購入するようになった。
他のものもインターネットで手に入れるようになった。
電化製品は、ネットのほうが絶対に安いし、型番商品は絶対にオンラインショップ買いだ。
だけど、実物は見てみたいから、近くの家電量販店で、見てから最終的に決める。

雲が多い休日の日没に冷酒を
今朝の新聞に、日本人女性の眉毛のデザインに関して、なかなか面白い記事が載っていた。
なるほど、と思えば、次第に色気まで感じられるので面白い。
パッと見は、恐ろしく感じる場合もあるが、江戸時代では既婚者である女性の印だという。
意味を知ると、実に色香まで感じてくるので面白い。

ひんやりした月曜の晩に料理を

息子がマルモダンスをおどっている。
私たちは教えていないけど、3歳だけれど一生懸命踊っている。
どこかでマルモダンスの音が流れると、録画した映像を見るとだだをこねて泣いてしまう。
映像を見せると止まることなくずーっと休むことなく見ている。
母親としては、テレビを見ているよりも本を読んだり、おもちゃなどで遊んだりしているのが好ましいのだけれど、忙しい時はテレビなどにたよってしまう。
少しでも、いっしょに遊んであげたり、絵本を読んであげたりし続けたい。
大きくなったら必ず離れていくものだから、今遊んでおくのも自分の為でもあると思う。

笑顔で走る先生と飛行機雲
江國香織さんの物語に出てくるヒロインは、陰と陽を潜めていると思う。
結婚していて、他の男性と恋愛することを悪としない。
遊びと、本当に愛しているのは旦那さんだけのただ一人。
そんな主人公が多々いるような気がしませんか。
不貞行為を陰だと考えれば、結婚生活は陽。
ふとした瞬間に別人が入ったように陰が襲ってくる。
結婚以外での恋愛に関する価値観はシカトして、そのストーリーの登場人物を研究する。
私の中に新しい恋愛観や見方が登場することもある。

凍えそうな平日の午後にお酒を

多少時間にゆとりが出来たので、TSUTAYAへ向かった。
新たにmp3playerに挿入するミュージックを探し出すため。
最近、しょっちゅう楽しんだ曲が西野カナ。
だいたい習慣になっているのが洋楽。
ワールドミュージックも素敵だと思っている。
そう思い立って、今回レンタルしたのはフレンチポップだ。
甘い声と仏語がなかなかGOODだと思う。

息もつかさず吠える家族と突風
久々に、麻衣子と明日香と旅行に行ってきました。
この2人は、私が通っていた短大の同級生で、一緒に頑張ったクラスメイトです。
しかも、力を入れていたのがトラベル全般と英検だったので、観光が、趣味だという学生たちでいっぱいでした。
とくに、明日香と麻衣子を含む仲のいい6人で世界各国へ宿泊した思い出は懐かしい。
私は元々そんなに仲のいい友人が多い方でもないし、しかも十分だと感じています。
だから、単純に喜んだけれど、隣で麻衣子が満足そうな顔をしてくれたのもツボでした。

雪の降る休日の晩はこっそりと

今更ながら、任天堂DSにハマっている。
最初は、英検対策に英語漬けや英語関係のソフトを購入していただけのことだった。
しかし、ヤマダ電機でゲームソフトを選んでいたら他の物に目移りしてしまい、無駄に欲しくなってしまう。
ピクロスDSやマリオカート、育成ゲームなど。
便利なもので、中国語講座もヒットしている。
これは、待ち合わせなどの、少しの時間にも有効活用できそうだ。

どしゃ降りの週末の夜明けに想い出に浸る
きのうは、一カ月ぶりに雨になった。
釣りの約束を先輩としていたのだけれど、雷までなっているので、さすがに危なそうで行けない。
あとで外を見たら、雨が降っていなかったので、やはり行こうということになったのだが、釣りに行くための準備を終えて、行ってみたけれど雨が降ってきた。
雨がやんだから先に来ていた釣り人が、ばたばたと釣り道具を入れていた。
えさを解かして用意していたのにもったいなかった。
次の機会にと言って釣り道具をなおした。
来週は雨じゃないらしい。
なので、今度こそ行こうと思う。

曇っている金曜の夜に食事を

今のようにネットが無くてはならない物になるとは、中学生だった自分には全く予想できていなかった。
品物を扱う店舗は今の時代難しいのではないかと思う。
PCを使用し、なるべく価格の低い物見つけ出すことが難しくないから。
争いが盛んになったところでここ最近よく目立つようになったのがネットショップ成功のためのセミナーや商材販売だ。
最近、成功するための手段が売れるようにな時代で、何が何だかわからない。
方法が目的になってしてしまいそうだ。

どしゃ降りの日曜の夜明けは目を閉じて
出張で、日光へ向かうことがたくさんあった。
東京から4時間ほどの場所に位置する日光市は栃木県にあって、海に面していない県で、多くの山に囲まれている。
そのことから、寒くなると積雪し、除雪車やチェーンが必須である。
秋になると、東北自動車道で2泊3日で、行って帰って、また2泊3日という状態がとても多く、テレビなどのメディアで日光が登場すると懐かしくなる。
「日光を見ずして結構というなかれ」という面白い表現がある位なので、一度は見てきてほしい場所だ。
紹介すると、旅行のメインはやはり日光東照宮。
江戸を治めた家康の眠る場所で、中の立派な様子に驚くことだろう。
他にも、奥日光と言われるところにある日光の湯元温泉
硫黄泉とのことで、白く、熱めの温泉。
この温泉を浴びると冷えも治ると思う。
日光東照宮建立当時、日光のこのお湯を目標に湯治客が集まったそうだ。
様子が想像可能な古い歴史を持つここ日光市。
旅館や民宿の紹介も一緒にガイドブックにもたくさん記載されている栃木県日光市に、ぜひまた行ってみたいと思う。

▲ Page Top

Copyright (C) 2015 満月と森と台風 All Rights Reserved.