杉並区 自己破産 弁護士 司法書士

杉並区に住んでいる人が借金・債務整理の相談するならここ!

借金返済の悩み

借金の金額が多すぎて返済が厳しい…。
多重債務を抱えているから、債務整理で解決したい…。
もしそう考えているなら、すぐに弁護士・司法書士に相談を。
司法書士や弁護士が提案してくれる解決策で、督促がストップしたり、返済金が減額したり、といういろいろな恩恵を受けられる可能性があります。
昨今ではネットで無料相談できる法務事務所・法律事務所も数多くあります。
ここでは、その中で杉並区に対応している、オススメの法務事務所・法律事務所を紹介しています。
また、杉並区の地元の法律事務所・法務事務所も紹介しているので、そちらも参考にしてみてください。
借金問題は、1人だけで解決するのは難しいものです。
司法書士や弁護士の知恵や知識を借り、解決策を探しましょう!

自己破産・借金の相談を杉並区に住んでいる人がするならココ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

杉並区の多重債務・借金返済の悩み相談なら、こちらがおすすめ。
弁護士が対応してくれる、全国に対応している弁護士事務所です。
初期費用が0円なので、今の手持ちがなくても安心して相談できます。
料金の支払いは、分割払いもOK。
弁護士への相談料ももちろん無料!
借金の取り立てをSTOPするのも可能。
個人再生、任意整理、自己破産、過払い金、など、債務・借金のことを無料相談することができます。
しかも、窓口では365日24時間、いつでも受付OKです。
フリーダイヤル(電話代金無料)で相談受付してくれるので、お金に困っている方も今スグ電話受付をすることができます。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩みは今スグ!電話受付OK☆



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(とくに女性にオススメ)
全国に対応している、債務・借金の悩みを相談できる司法書士事務所です。
任意整理、個人再生、自己破産、などなど、あなたに適したやり方で借金や多重債務の問題を解決していきます。
それと、過払い請求は初期費用0円で、取り戻せた過払い金から料金を精算できます。
任意整理でも、和解成功報酬・減額報酬などを一切支払わなくてよいため、安く解決することができます。
債権者の数が1、2件でも対応してくれるのも強みです。
女性スタッフ対応の、女性専用の相談窓口(借金返済相談)も用意されているので、女性でも安心して相談できます。
まずはお気軽に無料相談をどうぞ。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はコチラ↑↑
女性スタッフが対応してくれる、女性専用の窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はコチラ↑↑



借金解決ゼミナール(借金減額シミュレーター)

借金解決ゼミナール

杉並区の方が借金や債務整理の相談をするなら、このサービスもおすすめです。
「借金減額シミュレーター」という名の、インターネット上の借金解決のための診断ツールです。
とてもカンタンな質問に答えるだけで、どうやって借金を減らすかの方法や、毎月返済する金額がいくらになるのかが分かります。
いきなり弁護士や司法書士へ直接相談するのは、ちょっと怖い。
そんな方にピッタリです。
しかも、無料&匿名で使えます☆
全国対応しているサービスなので、杉並区の方も安心して利用できます。

◆特徴◆
  • 3つの質問に答えるだけ!
  • 借金減額のための方法が分かる!
  • 月々の返済金額がいくらになるのか分かる!
  • 匿名&無料で使える!
  • 全国に対応!
あなたの債務・借金の悩み、匿名&無料で相談・診断してみませんか?

借金減額シミュレーター
借金減額シミュレーター

↑↑↑↑↑
借金の診断と相談を、匿名&無料で。



弁護士へ相談前の注意



他の杉並区周辺にある法律事務所・法務事務所の紹介

杉並区には他にも複数の司法書士・弁護士の事務所があります。参考にしてみてください。


●阿部司法書士事務所
東京都杉並区阿佐谷北2丁目15-18 第一横川ビル阿佐谷女子ハイツ 2F
03-5373-5313
http://abe-shoshi.com

●久我山司法書士事務所
東京都杉並区久我山4丁目2-29 リベスト久我山ビル301
03-6427-8831
http://kugayama.biz

●平田祐子司法書士事務所
東京都杉並区天沼3丁目7-3
03-5347-4861
http://shiho-tlc.com

●司法書士・行政書士 小室事務所
東京都杉並区阿佐谷南3丁目1-22 ハイツ山幸1階
03-5347-4702
http://komuro-office.jp

●小関司法書士事務所
東京都杉並区梅里2丁目40-18 第3志村ビル203
03-5913-7452
http://koseki-shiho.com

●阿佐ヶ谷南司法書士行政書士事務所
東京都杉並区成田東5丁目39-11
03-6765-0004
http://asagayaminami.jp

●サン合同事務所方南町(司法書士法人)
東京都杉並区方南2丁目12-14
03-3311-7087

●司法書士けやき総合法務事務所
東京都杉並区阿佐谷南3丁目1-33
03-5347-3801
http://keyaki-legal.com

●鎌田司法書士事務所 ライトコード
東京都杉並区荻窪5丁目17-11
03-6915-1276
http://kamata-rightchord.jp

●司法書士新井法務事務所
東京都杉並区高円寺北4丁目30-11
03-6676-3740
http://arai-legaloffice.com

地元杉並区の弁護士や司法書士の事務所に行き、直接相談するのもよいと思います。
ですが、いきなり直接相談するより、ネットからの無料相談や「診断シミュレーター」などの方が、心理的に相談しやすいのではないでしょうか。

杉並区在住で借金の返済や多重債務に困っている状況

クレジットカード会社や消費者金融等からの借金で悩んでいる人は、きっと高い金利に悩んでいることでしょう。
借金をしてしまったのは自分です、自分の責任だから仕方ありません。
ですが、複数のクレジットカード業者や消費者金融から借金していると、額が大きくなり、とてもじゃないけど完済できなくなってしまいます。
月ごとの返済では金利だけしかし払えていない、というような状況の方もいるかもしれません。
ここまで来てしまうと、自分ひとりで借金を全部返すことはほぼ不可能と言っていいでしょう。
借金をキレイにするために、早めに司法書士・弁護士に相談すべきです。
どのようにしたら今の借金をキレイにできるか、借金を減額することができるか、過払い金はないのか、など、司法書士や弁護士の知恵・知識を貸してもらいましょう。
お金の問題の解決は、相談するのが始めの一歩です。

杉並区/債務整理のデメリットとは|自己破産

債務整理にもあの手この手と進め方があって、任意でクレジット会社と協議をする任意整理と、裁判所を通す法的整理の自己破産もしくは個人再生などの種類が有ります。
それでは、これらの手続きについて債務整理デメリットというものがあるでしょうか。
これ等の三つの手段に共通して言える債務整理のデメリットというと、信用情報にそれらの手続きを行ったことが記載されてしまうことです。いわばブラック・リストというふうな状況です。
そうすると、おおよそ五年〜七年ほどの間、クレジットカードが創れなかったり借金ができなくなります。しかしながら、貴方は返済するのに苦しみ悩んでこれらの手続きを実際にする訳なので、もうちょっとの間は借入れしないほうが良いのじゃないでしょうか。じゃローンカードに依存し過ぎている方は、逆に言えば借入れができない状態なる事によってできなくなることで助かるのではないかと思われます。
次に自己破産・個人再生の債務整理のデメリットですが、官報にこの手続を行った事実が記載されてしまうという事が上げられます。とはいえ、あなたは官報等視たことがあるでしょうか。むしろ、「官報とはどんな物?」といった人のほうが複数人いるのじゃないでしょうか。
現に、官報は国が発行する新聞に似たような物ですが、やみ金業者などの一定の人しか見てないのです。だから、「破産の実態が周囲の方々に広まる」等という心配事はまず絶対にありません。
終わりに、破産特有の債務整理のデメリットですが、1辺破産すると7年間は再び自己破産出来ません。これは十二分に留意して、二度と自己破産しなくてもよいようにしましょう。

杉並区|自己破産のリスクってどんなもの?/自己破産

率直に言えば世間で言われているほど自己破産のリスクはそんなに多くないのです。高価な車・マイホーム・土地など高価格な物は処分されるが、生活するなかで必ず要る物は処分されないのです。
又20万円以下の貯金も持っていてもいいです。それと当面の間の数か月分の生活するうえで必要な費用百万未満なら持っていかれることはないでしょう。
官報に破産者のリストとして掲載されるのですがこれも極一定の人しか目にしません。
また言うなればブラック・リストに掲載されてしまい7年間程度ローン、キャッシングが使用不可能になりますが、これはいたし方ない事でしょう。
あと定められた職種に就けなくなると言うこともあるでしょう。しかしながらこれも極わずかな限られた範囲の職種なのです。
ですから債務超過で返金する事の不可能な借金を抱えこんでいるのであれば自己破産を実施するのも1つの手口なのです。自己破産を行った場合今までの借金が全く帳消しになり、新しく人生をスタートできるという事で利点の方が大きいと思います。
又自己破産者は公法上の資格制限とし弁護士・公認会計士・税理士・司法書士などの資格は取り上げられます。私法上の資格制限として保証人、遺言執行者、後見人にもなれないのです。又会社の取締役等にもなれないのです。しかしながらこれらのリスクはあんまり関係がない時が多いのじゃないでしょうか。リスクはあまり大きなものじゃ無い筈です。

関連するページの紹介